You are here: Home tech Server系 mod_layout のインストール
Navigation

 
Document Actions

mod_layout のインストール

apacheのmod_layoutのインストールについて

mod_layoutは、htmlに自動的にheaderとfooterを付けるための機能です。実は、apache2ではRPM版がなく、ソースでインストールする必要があります。

Downloadしてインストールするのですが、コンパイルにはhttpd-develが必要ですので、インストールしておきます。こちらは、yumでインストールすればOKなので、割愛します。

  • mod_layoutのインストール

配布先の http://tangent.org/ のページ内には、mod_layout-4.0.1aのリンクしかないのですが、このバージョンだとインストール後にうまく設定できなかったので、隠しリンク(?)のmod_layout-4.0.2aをDownloadします。
$ wget http://software.tangent.org/download/mod_layout-4.0.2a.tar.gz
$ tar zxf mod_layout-4.0.2a.tar.gz
$ cd mod_layout-4.0.2a
ここで、makeをしたいところなのですが、apache2のソース版のMakefileなので、RPM版のパスに変更します。
$ vi Makefile

変更は下記のように行います。変更箇所は、L5~です。

top_srcdir=/usr/lib/httpd
top_builddir=/usr/lib/httpd
include /usr/lib/httpd/build/special.mk

# the used tools
APXS=/usr/sbin/apxs
APACHECTL=/usr/sbin/apachectl
これで、makeが出来るようになります。
$ make
# make install

以上で、インストールが完了です。後は、httpd.confを変更してきます。

  • httpd.confの設定

インストールが完了すると、httpd.confにLoadModuleが追記されています。ですので、後はheader とfooterにどのファイルを使用するかを指定します。

httpd.confのしかるべきところに、下記の構文を追記します。

AddOutputFilter LAYOUT html
LayoutHeader /header.html
LayoutFooter /footer.html

これで、htmlファイルに、header.htmlをheaderに表示し、footer.htmlをfooterに表示するようになります。以上で、設定は終わりですが、xmlにもつけてしまう可能性もありますので、設定する際には、コンテンツの内容に注意しなければならないと思います。