You are here: Home tech Server系 postfixで複数ドメイン管理
Navigation

 
Document Actions

postfixで複数ドメイン管理

1台のPCでpostfixを使って複数ドメインのメール管理を説明します。

前提条件として、postfixの設定が終了していることとし、ローカル配送が出来ていることとします。

設定ファイルは、/etc/postfix/virtual (CentOSの場合)です。

# vi /etc/postfix/virtual
hoge.jp anything
postmaster@hoge.jp postmaster
hogeuser@hoge.jp user1,user2
@hoge.jp master
ファイルに追記したら、データベース化をします。
# postmap hash:/etc/postfix/virtual

Postfixでこの機能を使う場合main.cfのmydestinationに受け取るドメインとして touya.jpを加える必要はありません。
そのかわり、このvirtualファイルを処理するため、main.cfに以下の一行を 加えます。

# vi /etc/postfix/main.cf
...
virtual_maps = hash:/etc/postfix/virtual
...
最後にpostfixをreloadします。
# service postfix reload
virtualファイルの意味ですが、最初の「hoge.jp anything」は Virtual hostとしてhoge.jpを使うよという宣言のようです。
続いてhoge.jpドメイン宛のmailをどう振り分けるか指定します。
上の例ではhogeuser@hoge.jp宛はこのHostのuser1とuser2に配送されます。
「@hoge.jp master」はここで指定した以外の***@hoge.jp宛はmaster に配送するという意味です。