You are here: Home tech Server系 quotaの設定について
Navigation

 
Document Actions

quotaの設定について

quotaの設定について

まず、quota設定を行う場合は、quotaというソフトが必要になります。インストールされているかを確認して、入っていなければ、yum等でインストールしてください。

最初に、quotaを設定するパーティションをquota対応にします。

# vi /etc/fstab
fstabには、いろいろな情報がありますが、とりあえずquota設定するパーティションにusrauotaと記述します。今回は、/homeにquotaを設定します。
LABEL=/home1      /home       ext3     defaults,usrquota       1 2

次に、パーティションがquota対応になったかどうかを確認します。パーティションをremountしなければならないので、注意してください。

# mount -o remount /home
# mount
...
/dev/hda2 on /home type ext3 (rw,usrquota)

次に、パーティションの情報を取得するファイルを作成します。

# touch /home/aquota.user
# touch /home/aquota.group
# chmod 600 /home/aquota.user
# chmod 600 /home/aquota.group
# quotacheck -avug

これで、quota制限をかける準備が出来ました。後は、ユーザに制限をかけます。

# edquota userid
実行すると、quota設定ファイルがviで開かれます。(単位:1KB)
Disk quotas for user userid (uid 1000):
Filesystem blocks soft hard inodes soft hard
/dev/hda2 68 204800 225280 17 0 0
上記ファイルの中で、softとhardがありますが、softは警告のみでhardまでファイルを保存することが出来ます。また、soft制限を越えてから、時間制限を設けて、超えてしまった場合は、ログインが出来なくなるようにすることも出来ます。やり方は、次の通りです。
# edquota -t

実行すると、制限時間の設定が出来ます。

Grace period before enforcing soft limits for users:
Time units may be: days, hours, minutes, or seconds
Filesystem Block grace period Inode grace period
/dev/hda2 7days 7days
上記の通り、デフォルトでは7日間に設定してあります。

また、ディスク情報を最新にしておかないと制限がかからない場合がありますので、cron等で定期的にquotacheckを行う必要があります。実行するコマンドは、以下のようになります。

# /sbin/quotacheck -avug
現状のユーザを確認する場合は、下記のコマンドを実行します。
# repquota -avug