You are here: Home tech Zope/Plone系 PyLuceneのインストールについて
Navigation

 
Document Actions

PyLuceneのインストールについて

ここでは、java appであるLuceneをPythonで動かすことが出来るようになったPyLuceneのインストールについて書いてみます。

PyLuceneのインストール

1.BerkeleyDB4.4.20のインストール

To do a standard UNIX build of Berkeley DB, change to the build_unix directory and then enter the following two commands:

../dist/configure
make

This will build the Berkeley DB library.

To install the Berkeley DB library, enter the following command:

make install

2.PyLuceneのインストール

ソースをDLして、展開。

展開後のフォルダに、BerkeleyDBのソース[db-4.4.20]を入れる。

その後、Makefileの編集(Linuxの環境変数のコメントをはずす)


# Linux (with gcc 3.4.4 and libgcj statically linked)
#PREFIX=/usr/local
#PREFIX_PYTHON=$(PREFIX)
#GCJ_HOME=/usr/local/gcc-3.4.4
#GCJ_LIBDIR=$(GCJ_HOME)/lib
#GCJ_STATIC=1
#LIB_INSTALL=libstdc++.so.6 libgcc_s.so.1
#DB=$(PYLUCENE)/db-$(DB_VER)
#PREFIX_DB=$(PREFIX)/BerkeleyDB.$(DB_LIB_VER)
#ANT=ant
#PYTHON=$(PREFIX_PYTHON)/bin/python

を下記のように変更。

# Linux (with gcc 3.4.4 and libgcj statically linked)
PREFIX=/usr/local
PREFIX_PYTHON=/opt/Python-2.4.3
GCJ_HOME=/usr
GCJ_LIBDIR=$(GCJ_HOME)/lib
GCJ_STATIC=1
LIB_INSTALL=libstdc++.so.6 libgcc_s.so.1
DB=$(PYLUCENE)/db-$(DB_VER)
PREFIX_DB=$(PREFIX)/BerkeleyDB.$(DB_LIB_VER)
ANT=ant
PYTHON=$(PREFIX_PYTHON)/bin/python

makeして、make installする。