You are here: Home tech Zope/Plone系 Splitterの導入について
Navigation

 
Document Actions

Splitterの導入について

ここでは、CJKSplitterを使用するまでの作業を書いてみます。

前提条件として、JapaneseCodesがインストールされていることを確認してください。

$ python
>>> import japanese
>>>

問題なくimportできれば、エラーははきません。

次に、zope.orgからCJKSplitterをDLしてきます。下記のURLにおいてあると思います。

http://www.zope.org/Members/panjunyong/CJKSplitter

今回導入したversionは、0.7でした。DLして、解凍してできたフォルダをInstanceのProdactsフォルダに入れて、Instanceをリスタートします。

ZopeのProductsになるので、Plone上でのインストールは行いません。インストールされたかの確認は、ZopeのControl_PanelのProducts ManagementにCJKSplitter0.7が表示されていれば、インストールは完了です。

次に、Ploneが使用するSplitterを変更します。

portal_catalogを開き、Contentsタブを開いて、[ZCTextIndex Lexicon]を追加します。ID・Titleは、何でもかまいません。今回は、わかりやすいように、[cjk_lexicon]とつけました。

次に、Indexタブを開いて、[Discription]・[SearchableText]・[Title]を一度削除して、[ZCTextIndex]で新たに作成します。ここで、使用するLexiconを[cjk_lexicon]を選択して追加します。

すべて、作成し終えたら、作った3つにチェックを入れて、[Reindex]ボタンをクリックして、新たにIndexを作り直します。

これで、作業は完了です。

あとは、サイトにアクセスして、実際に検索をしてみてください。多少HIT率が上がっていると思います。

このSplitterは、辞書を使用せずに、形態素解析で行うため、ある程度の精度しか出せません。ちゃんと辞書のメンテをするのであれば、MeCabを使用したSplitterを使うことをお勧めします。